人材事業部 主査 DYMの魅力:事業内容 お客様の役に立てるように、まずはgiveすることを常に意識。早くから事業責任者へ。

ホーム > 社員紹介 > 事業内容4

QUESTION 1

DYMで働くことを決意した経緯を教えてください。

私がDYMに入社を決めたのは、1つ目の理由は20代の働き方、2つ目の理由は将来性です。

人生レベルで働き方の効率を考えたとき、20代で懸命に働き、稼げる人間に成長することが大事だと思いました。歳を重ねる毎に体力が減少し、フルパワーで働ける時間が減少するためです。その点では、20代の社員が第一線で活躍するDYMは、私にピッタリでした。自由に働くことが出来るので、チャレンジしたいことに積極的に取り組んでいます。様々な経験が出来、今は自分の将来に必要な時間を、有効な形で過ごせていると感じております。

2つ目の将来性という観点で、これだけ堅実に、毎年成長している企業で、上記を満たす企業、かつ将来の役員を狙える企業はそうそうないと思います。やはり人生、いかに若いうちに良い仕事が経験できるかが重要です。そのため実力があれば、重要なポストに付くことが出来るのは非常に魅力的でした。

QUESTION 2

DYMでの仕事内容を教えてください。

WEB領域での、広告運用です。いろいろなお客様の、様々な悩みを解決していけるのが面白いところです。

お客様の利益を使って広告を運用します。そのためもちろん、緊張感を持ちながら仕事をすることになります。そのぶん、うまくいってお客様が喜んでくれた際の喜びはひとしおです。 運用成果次第では、もともとの広告予算が10倍以上に膨らむこともあり、お客様の役に立っていることを実感しやすいです。

また、WEB広告は解決できる問題が非常に多いです。提案は幅広く、非常に自由が利きます。例えばイベントの集客から、商品の認知、競合キャンペーンへの対抗などを考えることが出来ます。 この環境は、自分の将来に大きくプラスになると感じております。

QUESTION 3

仕事をするうえでの、スタンスやポリシー、譲れないポイントを教えてください。

自分のなれない、一見場違いな環境にガンガン飛び込むことです。 就職する際に正直、DYMは今まで過ごしていた環境とは考え方、文化、人物、どれをとってもまったく異なる環境でした。 就職に反対する人も多くいましたが、逆に私はDYMに入社することがベストだと考えました。それは自身の成長のためです。 至極当然ですが、自分とはまったく異なる人物からは、差分が多いため得られるものが非常に多いです。単純に、得られるものが多いということは成長しやすいということだと捉えました。 また、そういった環境に身をおくと自然に目立ちます。とにかくチャンスを得るためには環境内で目立つことが大事です。 これからもなれない環境に飛び込み、多くを吸収し目立ちたいと考えています!

QUESTION 4

DYMで働く魅力を教えてください。

やはり将来性です。DYM自体の将来性は業績からもちろんのこと、自分の将来性という観点からもです。 年功序列の日本の多くの企業では、本当に出世できるかどうかは10年・20年働かないと分からないケースが多いです。 キャリアが成功しているかどうか、目に見えず分かりにくいので、現在自分のしている仕事が本当に正しいのか、働き方はこれでいいのか、分からないまま過ごす期間が多いです。 DYMでは、会社に必要な結果を残せば給与・役職ともにアップします。自分の働き方が正しいか、この会社でこれからも活躍していけるのかを考える際に、非常に分かりやすい指標です。 どれだけ成長できるかは、自分のアクションに大きく比例しています。チャンスも多いのでアクションを徹底できれば、自分にどれだけ将来性があるか、実感できる機会が非常に多く、活躍するためのPDCAが回しやすいと感じています。

QUESTION 5

就職活動をしている学生のみなさんへのアドバイスをお願いします。

いろいろな就活軸があるかとは思いますが。しかし時代柄、「いかに自分が成長できるか」という観点は重視すべきと感じています。IT化が進み、ロボットが出現してくる時代です。無駄な仕事を削減し、効率化が叫ばれている時代ですが、裏を返せば価値のある仕事しか認めないよ、と発信されていると捉えることができます。長く仕事をするには価値の高い人物になることが必須と言えます。スポーツでも勉強でもそうですが、成長するためには若いうちに多くの経験をつむことが重要です。そのために20代は一生懸命に働き、出来ることなら部下を持ってマネジメント経験まで出来ることが望ましいと考えます。DYMはその環境に適していると思います。気が付いたら社会的に厳しい環境に置かれていた、、なんてことにならないよう、先見性を持って、懸命に20代を生きることを強くおススメします!

QUESTION 6

人生で一番がんばったことを教えてください。

サークル活動です。 大学入試は精一杯頑張りましたが、第一志望には受かりませんでした。勉強は唯一自信があるところでしたが、崩れ去ってしまったので、、自信を取り戻すために、代表としてサークルに懸命に取り組みました。 懸命に取り組むといっても、ただ先輩たちを真似するだけではなく、どうやったらそのサークルで自分だけの価値を得ることができるのかを必至に考え、今まで実施されてこなかったことを重点的に取り組みました。 特に成果を実感したのが新入生勧誘活動です。それまでは先輩のやり方を踏襲するだけの活動でしたが、情報を収集し、戦略を練り、新たなプランを実行しました。 実施までは多くの反対にあったり、様々な苦難はありましたが、従来10名も集客できてなかった歓迎コンパに、同じ予算で40名以上毎回集め、結果的に通常の4倍程度の新入生を入れることが出来ました。この成功体験は大きな自信につながりました。 新しいことをやるのは勇気や苦労が必要ですが、得られるものも人一倍だと、このとき強く実感し、今の自分があります。

QUESTION 7

入社してからのギャップはありますか?

スピード感がものすごいです。。 想定していたよりもずっと早くに、大きな仕事を担当することが出来ます。私の場合は会社の命運を分けるであろう仕事が1年目から回ってきました。 ものすごいプレッシャーでしたが、非常に大きな経験をすることが出来ました。達成感は非常に大きなものがありました。 ベンチャーというと、いろいろ新しいことにチャレンジできるイメージがあるかと思いますが、DYMの場合は既存の大きな事業もありますので、既存事業の重要ポストをいきなり担当する、ということが1年目から可能です。もちろん真新しいことに0から挑戦することも出来ます。その点、「成長」に関して選択肢の多いベンチャーではないかと感じます。 あとは社内の制度も驚くべきスピードで整って来ています。今でも十分に住宅手当など存在しますが、今後の制度にも、とても期待出来ると感じています。

QUESTION 9

一日の仕事のスケジュールを教えて下さい。

出社
メールチェック
電話対応
データ集計
資料作成
帰社

※本ページに登場している社員に関する情報は2017年4月1日時点のものです。

DYMの魅力社風
他のDYMの魅力も読む
成長
社風
事業内容
社長

PAGETOP